ラ・ルーチェ(イタリア料理)@香川

10/2(木)ご近所の有志で散歩道の草むしりをしたあと、徒歩圏内のラ・ルーチェさんでお疲れ様のランチ会。私は何となく行きそびれていたお店ですが、この日のメンバーにたびたび利用している人がいて「コースがお得で、お店の方も感じ良い」そうなので行ってみました。場所は香川駅の改札を出て右に曲がり、線路を越えて道なりに徒歩3〜4分というところ、ヤマザキショップ(曙光ストアー)の二階です。

お目当てのコースは1464円(税込み1610円)、882円(税込み970円)のランチもあります。ランチもお値頃ですが、ランチタイムのワイン、安い。ディナータイムにも利用するというご近所さんによると、ワインの品揃えも豊富だそうです。

入り口が二階にあるお店ってちょっと入りにくかったりしますが、こんな感じでした。

この日の三種の前菜はミートローフ、イタリア風オムレツ、チーズカナッペ。カナッペのチーズの上にはママレードがのっていました。ミートローフ美味しい。家庭料理のような優しい味です。

スープはグリーンピースの冷製。この日は秋らしい爽やかな気候でしたが、かんかん照りの下の草むしりのあとだったので、冷たいスープが嬉しかったです。

この日のパスタは小松菜としらすの和風味。パスタはプリプリで塩味がちょうど良くて、コースなので上品な量なのが残念だったほど(^^;)コースのパスタも、税込み970円の単品系ランチのパスタも味は同じみたいで、パスタをたっぷり食べたい時はそっちですね。サラダとスープ、コーヒーもついて970円は安い。パスタの他カレーにハンバーグ、ピッツァも選べるようです。

メインはポークソテー。豚肉はやわらかく焼き上げてありました。ソースはデミグラスです。

デザートはりんごのゼリー、キゥイソースとチョコウェハース添え。写真を撮り忘れましたがアイスコーヒーも濃く香り高くて美味しかったです。この品数で1610円なら確かにお得かも。それぞれ現金で支払って、めいめい勘定の場合も応じていただけるかは未確認ですが各種カードや電子マネー、ペイ系にも対応されているようでした。接客も感じが良くて閉店時間ギリギリだったのに、ゆっくりさせていただきました。ごちそうさまでした。

食後は車を出してくれる方がいて、彼岸花の見頃もそろそろ終わりの小出川沿いへ腹ごなしのドライブ。最近白い彼岸花をあちこちで見るようになりましたが、彼岸花は球根で増える植物で、赤と白は別品種だそうです。こんなに密集して生えているのに、別の球根から出てる??

お墓の周囲に多い(彼岸花の球根には毒があります。土葬だった時代、モグラやネズミから土中の故人を守るため墓地に植えられた)ため死人花とか、毒花など異名多し。花が咲いている間は葉っぱが出ない植物としての特性から「葉見ず花見ず」とも呼ぶのだとか。異名の多さはそれだけ日本人の生活に結びついていたということでしょうか。お花の豪華さ華麗さには、サンスクリット語の「天界に咲く花」が語源だという曼珠沙華が合っているように思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA