日別アーカイブ: 2021年2月13日

ハッピー(ネパール・インド・アジア料理)@茅ヶ崎

2/9(火)買い物で訪れたイオン茅ヶ崎中央店のハッピーさんでひとりランチ。1階の正面出入り口すぐのお店です。入り口に手指消毒用のアルコールが用意されており、私が入店した時はおひとり様用の席がぱらぱらとふさがっていたせいか、詰めたら六人座れそうなテーブル席に案内されました。テイクアウトも人気があるようで私の滞在中、受取や注文の方が入れ替わり立ち替わり訪れていました。

続きを読む

パリ、嘘つきな恋(2018年)/最強のふたり(2011年、ともにフランス映画)

監督・脚本・主演のフランク・デュボスクは、フランスでは誰もが知るコメディアンで、本作が初監督作品だそうです。お笑いの世界で成功すると映画を作ってみたくなる・・いうのは古今東西のクリエイターに共通みたいですね。

主人公ジョスランは独身主義の中年プレイボーイ。母の遺した車椅子にたまたま腰掛けていたところ、美女ジュリーに出会い障碍者だと勘違いされる。介護関連の仕事をしているというジュリーと親しむチャンスとばかり、軽薄なジョスランは障碍者のフリをするが、ある日ジュリーの姉で本当に車椅子生活をしているフロランスに引き合わされる。フロランスに一目惚れし、お互い車椅子でのデートを重ねるほどに惹かれるジョスランだったが、それにつれフロランスを欺いていることに罪悪感を抱くようになる。打ち明けたらラクになるだろうが、嫌われるかもしれない。いや嫌われるに決まっている。何とか彼女にフラれず打ち明ける方法はないものか・・・・悶々とするジョスランの葛藤は、やがて友人の主治医やお人好しの秘書(ジョスランは成功者で、会社社長を務めています)も巻き込み・・・・良く出来た大人のラブコメディです。

パリ中心の撮影背景が素敵。そしてフロランス役の女優さんがとても素敵でした。この作品を日本に置き換えると誰か。大の大人で綺麗で華やかで、優しそうで懐が深そうで・・となると大塚寧々さんあたり?ジョスランは吉田鋼太郎さんかなと思い付いたけど、このカップル案は「おっ○んず○ブ」で既出でした(^^;)

私がこの作品の前に観たフランス映画は「最強のふたり」で、こちらも車椅子で生活する人が登場します。障碍者の大富豪と、その介護スタッフとして雇われたスラム出身の貧しい移民青年の友情の物語は実話の映画化だとか。格差の厳しさ、貧困のやるせなさ、障碍者の絶望に触れつつも全体のイメージはお洒落という、フランス映画らしい良作です。

「最強のふたり」はハリウッドでリメイクされており(未見ですが、高評価のよう)、ネタ枯れリメイクばやりの昨今、やがては「ニューヨーク、嘘つきな恋」とかも出来そうな気がしますが、「ニキータ」と「アサシン」、あるいはshall we dance?の日米版の対比みたいなことに、ならないことを祈ってやみません。