シトロン ブレ(肉料理)/ふうびとすうろ(肉料理)@京都

永観堂さんへのお詣りを済ませ、四条烏丸のホテルにチェックイン。ホテル周辺は賑やかなところで、あてどなくブラついても素敵な飲食店は見つかりそうでしたが、グルメ本で目を付けていた「シトロン ブレ」さんに当日ダメ元で電話してみたところ、運良く席が取れました。四条河原町の裏通りにあるしゃれた外観のお店です。

食べログによると「熟成肉と日本ワイン、クラフトビールなどジャパンクオリティを味わうレストランバル」とのこと。ここ数年で聞くようになった肉バルというジャンルのお店になるのでしょうか。

まずは生ビールの中と小(生はハートランドとのことでした。写真撮影失念)と、初めてのお店でお料理のボリューム感がわからないので相談すると、サラダは、頼むつもりのお肉のサイドにたっぷり付くので、まずはオードブル的なものではいかがですか?とすすめられ、特製おつまみの盛り合わせ(1000円)を注文してみました。赤いのはビーツと大根の酢漬け、そこから時計回りにオリーブの酢漬け、鯖と人参の南蛮漬け、キノコのキッシュ、カマンベールチーズ。この頃はまだ日中は暑かったせいか、酸っぱいお料理多し。お酒に合わせる前提のせいか、塩味もしっかりしていました。まあそうですよね、京料理ってわけでもなし(^^;)

お店の売りである日本のワイン、珍しい京都産のワインもある中から、丹波ワインの「てぐみ」(3800円)という微発泡・無濾過のものをチョイスしました。爽やかで美味しいワインでした。エチケットのデザインも可愛い。

お店の方にすすめられて暖かいお料理も一品注文。季節のお野菜とペンネのクリーム煮(850円)。野菜はオクラととうもろこし。

メインのお肉は、京都丹波牧場の黒毛和牛「平井牛」のランプ肉。100gが2300円のところ300gの塊があります、とのことだったので、それをステーキにしてもらいました。ランプ肉は牛の腰のあたりの脂が少ない赤身の部位だそうです。噛み応えもあって美味しいお肉でした。サラダもたっぷりでおなかいっぱい。

私たちが入店した18時半頃は席は1/3ほどの埋まり具合でしたが、お店を出る頃には満席に。テーブルチャージ料金が入ってお会計は14,100円なり、クレジットカードで支払いました。肉バルというところに一度行ってみたくて、今回その願いが叶いましたが、やはりお店の大半を占めていた若い人向きのお店という気が。接客も良いし、お料理も美味しいですが、お肉目当てなら、ステーキハウスや焼き肉屋のほうがいいなあ、というのが、昭和おばさんの正直な感想でした。ごちそうさまでした。

シトロンブレさんを出たあとは、ほろ酔いのぶらぶら歩きでしんが行きたがっていた文房具屋さんや、四条河原町のお土産屋さんなどに寄り道し、ホテルを目指しました。途中で喉が渇いて「ふうびとすうろ」さんで一杯呑んで帰ることに。しんはジンビームのハイボール(380円)、私はグラス売りの赤ワイン(ビービークラーツという銘柄、580円)。お腹はいっぱいだったので、おつまみは「コンソメで煮たトマト(380円) のみにしましたが、このお店も肉料理押しで、メニューには美味しそうなステーキやローストビーフの写真が。

それもそのはずで、投稿にあたり今回調べたら、京都の老舗焼肉店が展開する肉バル形態のお店とのこと。期せずして行きたかった肉バルに二軒連続で入店。それも御利益だったのでしょうか。お会計は1,440円なり。少額だったのとお金を崩したくて現金で支払いましたが、クレジットカード払いもできるそうでした。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA