DON YAMADA(ステーキ)@鎌倉

1/28(土)鶴岡八幡宮へお詣りしたあと、以前から気になっていた「DON YAMADA」さんでお昼にしました。イタリア料理の有名シェフが鎌倉でオープンしたお店だそうで、若宮大路に面したシャングリラ鶴岡ビルの1階奥にあります。

に、肉って(^^;)この身も蓋もないアピールの提灯を目にして以来、いつか来てみたかったのです。四人掛けのテーブルがふたつと、カウンター合わせて14席のこじんまりした店内は落ち着いた雰囲気でした。禁煙なのも嬉しい。

まずはビールで乾杯。ドリンクメニューには小瓶しか載っていませんでしたが「中瓶もございます」とのことで、お願いしました。お通しは柿の種。

グラム数を選べるサーロインステーキにも心惹かれたのですが、提灯に大書されている推しメニューらしいビフテキ丼を注文。前菜付きで、この日は根菜のスープでした。

ビフテキ丼。温泉玉子とバター、薬味のわさびがトッピングされています。お肉がとても美味しいです!提灯に大書するだけのことはあります(^^;)お肉の味を引き立てる、甘くない醤油味のタレもほどよくかかっており(足りなければどうぞ、とタレのボトルも出してくれます)、ご飯も、たまたま炊きたてのタイミングだったのかもしれませんが、お肉の下に熱々のツヤツヤがたっぷり盛られていて、おばさんにしては大食いかつ白ご飯大好きな私も、一部しんに手伝ってもらったほどで、小食の方なら持て余すくらいの量だと思います。

「ビフテキ」という言い方は、「ステーキ」よりもごちそう感が高い気がするのですが、最近は聞かなくなった昭和の言葉のような。今時の若者には一瞬通じないかもしれませんね(^^;)

ビールは二本飲んで、お会計は5,724円。支払いは現金のみとのことでした。ビフテキ丼は1,800円ですが、私たちが入店した15時時点で温泉玉子の用意が残り一つしかなく、丼のひとつは温玉抜きの100円引きにしてもらいました。温玉ありをしんに譲ったので、この次は温玉ありで食べてみたいです。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA