めぐり逢わせのお弁当(インド映画/主演イルファン・カーン)

2013年制作 原題Dabba 英題The Lunchbox/劇中名言「間違った電車が正しい場所に着くこともある」

インドのムンバイには、お昼前に各家庭からお弁当を集荷し、勤務先の家族に配達する「ダッバーワーラー」というデリバリー業があります。食に関する戒律が厳しい宗教が混在していて安易な外食が馴染まないのと、作りたてを食べるインドの食習慣(常夏気候なので、早朝作ったお弁当を持参し、約6時間後に食べる日本式のやり方は危険かも)から、このお弁当集配システムはコンピューターもない大昔から商売として確立していて、その誤配は1600万回に一回という脅威の正確さを誇るそうですが、その滅多にないという誤配から物語は始まります。お弁当を作ったのは夫婦関係に悩む主婦のイラ、食べたのはアカの他人の会計士サージャン(イルファン・カーン)です。以下とっかかりをおおまかに。

**********

サージャンは妻を亡くし生きる目標を見失った。退職を目前に控えた勤務先では、後任の人懐っこい会計士シャイクが疎ましくて仕事の引き継ぎはなおざり。帰宅するとボールが敷地に入ったから取らせてと近所の子供たちが待っていたが無視。テイクアウトの夕食を機械的に食べて眠る。無気力無感動に暮らしていた。そんなある日の職場でのランチタイム、契約している弁当屋にしては上出来な美味しいお弁当が届き、サージャンは夢中で完食する。

いっぽう夫と幼い娘と暮らす専業主婦のイラは、冷え切った夫婦仲を修復すべく上階のおばさんの助言で腕によりをかけてお弁当を作った。配達人から戻された弁当箱は舐めたようにきれいになっていたのに夫の反応は薄い。使っていないカリフラワーが「美味かった」と言われ、誤配の可能性を考えるイラだったが、翌日「きれいに食べてくれてありがとう」と手紙をしたため弁当箱に忍ばせる。手紙を読んだ夫が妻をかえりみるはずだというおばさんの知恵だったが、お弁当はまたもサージャンに届く。「今日のは塩辛かった」サージャンが弁当箱に返信を入れたことで二人の文通が始まる。

心のこもったお弁当と文通をきっかけにサージャンは人心地を取り戻し、仕事帰りに絵を見に行ったり、シャイクにも心を開き公私にわたっての付き合いを始める。イラは以前はおばさんに愚痴っていた夫への鬱屈を手紙に書くようになり、サージャンからの返事を心待ちにしていた。見ず知らずの二人の気持ちはどんどん近づき、イラは「会いましょう」と提案するのだが。。。

**********

「人は時々、間違った電車でも正しい場所に着く」孤児で苦労人のシャイクが何の気なしにサージャンに告げるセリフです。インド映画なのに歌もダンスもなしの静かな恋愛ドラマで、冒頭のダッバーワーラーをはじめ「インドってそうなのか」的発見がある映画でした。家庭をかえりみないイラの夫について、インド社会の急激な発展による仕事の激化のせいで誰しも余裕がないのだとサージャンがイラを慰めるやりとりがありました。本作は2013年公開で、コロナでどうなったかはわかりませんが、劇中電車もバスもつねにぎゅう詰め満員で、オフィスには大勢の人が働いていて、街中は行き交う人々と車でごった返し、どこもかしこもエネルギーが迸るようでした。若者が多いし、シャッター街なんてどこにもなさそう。町も国も人々の暮らしも爆発的に発展していた頃は日本もこんな感じだったのかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA