大久保川魚店(鰻)@寒川

7/24(金)の昼食は寒川の大久保川魚店さんへ。寒川駅北口から宮山方向へ線路沿いに2〜3分のところにある鰻屋さんなのですが。。。数年前の散歩中にお店の存在に気付き、私は鰻は好物なので、営業中なら入ってみたいなあと思いつつ通りかかること数回、画像のように↓暖簾が出ていないことが多く、この日は入り口も鍵がかかっているけれど鰻の焼ける良いニオイがするので、可能なら持ち帰りでもしたいなと思っていたら小窓から店員さんが「いらっしゃいませ」と顔を出すではありませんか。店内飲食できますか?と聞くと「今、あけます」とのことで、初入店が叶いました。

店内は四人掛けのテーブル席が3つで、真ん中の席は密対策のためか使用不可となっていました。まずは瓶ビール(税込み500円)で乾杯。お昼時で次々電話がかかり、中には電話が繋がらないから「来てみた」なんてお客さんもいて「調理で手一杯のときは出られなくて」と小窓越しのやりとりが聞こえました。商売っ気がない感じの男性お二人で切り盛りされていましたが、今年は土用の丑の日が二回、7/21と8/2だったんですよね。かなり忙しそうでした。

鰻が焼けるまでのおつまみにお新香(200円)を注文。市販のお漬物を買わなくなって久しいので、こんな大量の奈良漬けも沢庵も久しぶりに食べましたが、塩っぱくて美味しい(^^;)バクバク食べるしんを牽制しながらビールは二本目に。

久しぶりの鰻なので白焼きも頼んでみました(上、1900円)。フワフワの焼き上がり。鰻はタレがなくてもやっぱり美味しい!

うな重。上が松で2200円、下が梅で1800円。他に特松3600円、竹2000円の選択肢もあります。うっかりしていましたが、うな重はご飯の量は同じなんですよね。ビールでけっこうお腹が膨れており、全部食べたけど腹十五分目くらいになり私はご飯は半分で良かったようです(^^;)

タレは甘さ控えめのタイプで美味しかったです。今年は鰻は豊漁らしいですが、ここ何年も鰻が獲れず価格高騰ばかりがニュースになっていたことを考えると、お値段も良心的だと思いました。お会計は7100円のところ、寒川町料理飲食業協会のキャンペーン(8/10まで)中でなんと1000円引き。お店によって条件が色々あるようでしたが(ご興味おありの方は下のURLをご覧下さい)、寒川住民じゃなくても恩恵にあずかれラッキーでした。ごちそうさまでした。

http://www.town.samukawa.kanagawa.jp/oshirase/12143.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA