とんかつ水龍/コメダ珈琲店@寒川

3/5(火)犬友さんたちと寒川のとんかつ水龍(すいりゅう)でランチ。JR相模線の寒川駅から、町役場方面に徒歩7〜8分くらいかな、評判が良いので前前から一度来てみたかったお店です。ランチの予約はできないので、11時半開店の15分後くらいに到着しましたが、その時点で一階席は満席。最大30人くらいで貸しきり宴会できそうな二階のお座敷に通されました。二階も12時になる頃にはほぼ埋まっていました。

昔ながらのショーケース。相模豚の取扱店なんですね。寒川町民の犬友さんが言うには、洋菓子のラメールと並んで「知らない寒川町民は居ない」ほど有名なお店だそうです。


おすすめランチメニュー↓。千円以内のメニューが豊富で、家族連れや仕事中のランチらしい人が多いのも頷けます。

とんかつのお店に季節メニューが!と思ったら、やっぱりありました「かきフライ」!

①と悩みに悩んで海老フライも外せず、特別定食②にしました。ヒレかつ2ピース、小海老(と言いつつけっこう大きい)フライがひとつ、かきフライひとつに、小食の犬友さんが「食べきれないから」とくれた「とんかつ定食」のとんかつもひと切れ(^^;)

衣がふわふわのサクサクでどれもとても美味しく揚がっていました。キャベツとご飯はお替わりできるそうで、私含めて二名がキャベツをお替わり。キャベツも小鉢の煮物も、ご飯もお味噌汁も文句なく美味しくて、人気があるのも納得でした。お会計は税込みで1,350円なり、ごちそうさまでした。

食後は寒川町役場交差点にあるコメダ珈琲の寒川店へ。寒川駅から徒歩だと10分オーバーでしょうか。コメダ珈琲は名古屋に住んでいた時に何度か利用したことがあり、当時は愛知県とその周辺だけの展開だったはずですが、いまでは全国各地にあるんですよね。103席の広い店内はぱらりと満席で、離れた二席ならすぐ案内できると言われましたが、全員(六人)で座れる席が空くまで10分ほど待ちました。勉強中の学生さん多し。

たっぷりアイスカフェオーレ↓。そうそう小袋のお菓子が付くのでした。コメダのコーヒーそのものはどのお店で飲んでもちょっと薄めに思え、濃いめが好きな私には物足りないのですが、お喋りの合間に喉を潤すのには適しているかも。小さいほうのシロノワールも食べようかなと思ったけれど、とんかつでお腹いっぱい何も食べられないと言い合う犬友さんたちの手前、何だか恥ずかしくて我慢しました(^^;)

コメダ公式サイトによると店舗によって価格がちがうんですね。このメニューはサイトでは520円か560円となっており、レシートをなくしてしまったものの電子マネーで支払ったのでそっちのサイトで確認すると560円でした。各種電子マネーの他、コメダはクレジットカードでも支払いできるようでした。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA