うおがし(魚料理)@小田原

2/18(土)日帰り入浴施設に行く前に、小田原で途中下車して昼ご飯を食べるのが恒例になっています。前回は、私がかねて行きたかったピザのお店にしてもらったので、今回はしんの第1希望、駅から徒歩3〜4分の綺麗なお寿司屋さんを目指したのですが、予約でしばらく満席と言われて断念。小田原や湯河原は梅の名産地で、ということは梅が見頃になりつつあるこの時期は、見物客が多いということなのですよね。前週の鎌倉といい予約しろって話です(^^;)しんが「完全にお寿司のお腹になった」と言うので、以前一度利用して、アジのお寿司が美味しかった「うおがし」さんに入りました。

まずはビールで乾杯。生ビールの中と小に、おつまみは前回食べたアジフライも美味しかったので迷いましたが、今回はアジのタタキ(900円)にしました。

お寿司は特上(3,000円)と、アジとイカのお寿司(1,700円)。前回の印象が強すぎたのか、お料理の味はごく普通で、内容のわりに値段は高いように思いました。

さほど美味しく感じなかったのには、お店の雰囲気のせいもあったかもしれません。こちらのお店は、店員さんの受け持ちテーブルが決まっているか、あるいはその客に最初に対応した店員さんがオーダー取りから片付けまで全部やる、というルールがあるみたいで、おそらくはそのせいで店員さんどうしがギスギスしており、そしてここが不思議なのですが、ギスギスを客の前でも取り繕わないのです。前回は15時ころの閑散時の利用だったせいかそんなこともなかったのですが、この日は休日昼時満席の忙しさも加わり、通りかかった店員さんに追加を頼もうと声をかけても無視されたり、あげく配膳室で言い合いする声まで聞こえてきて、客席が水を打ったようになる瞬間も(-_-)

生ビールは2杯ずつ飲んで、お会計は7,800円だったのですが、クレジットカードで支払えるかたずねると「入口にも此処 にも(と言いつつレジ横の壁にアゴをしゃくるΣ(゚д゚)使えないって貼り紙してますけど」だそうです。三度目の利用はありません。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA