ゆとろ嵯峨沢の湯@湯河原/丸亀製麺(うどん)@茅ヶ崎、和の燻製@小田原

1/22(日)小田原で美味しいピザを食べたあと、湯河原まで足を延ばして温泉に入りました。目的の温泉施設は、小田原からだと湯河原駅まで行くよりも、ひとつ手前の真鶴駅からのほうが、わずかながらも近いようだったので、真鶴で下車。駅前始発のコミュニティバスで行くつもりだったのですが、スマホで確認していたのが平日の時刻表で(^^;)次のバスまで一時間近くもあり、結局タクシーで行きました(1,090円)。そして施設の外観写真を撮り忘れました。満腹でポンコツが増す私たち・・・・

うかがったのは「ゆとろ嵯峨沢の湯」さんです。真鶴駅と湯河原駅のほぼ中間に位置し、両駅間を運行している湯河原町コミュニティバス「ゆうゆうの里」が最寄り停留所です。バス停そばに満開になっている早咲きの桜の木がありました。河津桜なのか熱海桜なのか、もしかして湯河原桜なんてのもあるのかな(^^;)まさか一月にお花見できるとは思いませんでした。

ゆとろ嵯峨沢の湯の入浴料は大人1,350円。タオルのレンタル料は含まれておらず、支払いは現金のみです。無料の湯上がり休憩所あり。タオルや浴衣のレンタル料が込みの入浴プランや、家族風呂の貸し切りプラン、宿泊できるコテージもあるようでした。泉質は単純温泉で、神経痛や筋肉痛、慢性消化器病、冷え症改善や美肌などに効果がある、とのことでした。寒い日だったので露天風呂最高!いいお湯でした。

茅ヶ崎まで帰り着くと小腹がぐぅと鳴ったので、ラスカの丸亀製麺さんで早めの晩ご飯にしました。左はわたしが注文したかけうどん(並)とかしわ天。右はしん注文の、かけうどん(大)と、いか天とかぼちゃ天。合わせて1,020円でした。すぐ出てきてさっと食べられて尚かつ安いのがうどんの良いところですが、ピザから始まり炭水化物祭りの一日をちょっと反省(^^;)ごちそうさまでした。

 

最近燻製がブームなんでしょうかね?テレビや雑誌で商品や作り方がよく取り上げられている気がするのですが、小田原駅の近くでも「和の燻製」というお店を発見したので、試食させてもらって、試しにいくつか買ってみました。

上三つがこの日の「本日のおすすめセット」で、左からメアジ、ウルメイワシ、サザエ。下が「定番セット」で左からナッツ、ブラックペッパー風味チーズ、プレーンチーズ、ゆで玉子(二個)。それぞれワンセットが税込千円で、合わせて二千円でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA