花水ラオシャン田村@平塚

11/15(日)相模川河川敷の「川とのふれあい公園」に行ったついでに、平塚の花水ラオシャン田村さんまで足を延ばしました。最寄りのJR相模線の宮山駅から徒歩だと神川橋を渡って三十分くらいですが、神川橋は高所恐怖症(私です)にとっては、徒歩で渡るのはキツい高い長い怖い橋でした。高所恐怖症の方はご注意下さい。さて、ググると「花水ラオシャン田村」として出現するこちらのお店ですが、看板には「田村」の文字はありません。

ビールを飲んで人心地(^^;)店内は地域に根ざした食堂兼飲み屋という感じのシブい雰囲気で、先客はひとり酒&昼ご飯中のおじさん客が二組。ディナータイム用らしいおつまみメニューは居酒屋的なラインナップで、キープしてあるボトルもたくさんありました。

しんは大好きな平塚タンメンの「わかめタンメン(税込500円)」を注文。タンメンと聞くと、普通はたっぷりの野菜炒めがのったラーメンを思い浮かべますが、平塚タンメンという別ジャンルがここ平塚に存在します。ほんのり酸っぱい薄味のスープにお素麺のような極細麺、基本の具は玉ねぎのみという不思議なラーメンです。そして平塚タンメンには老郷(ラオシャン)と、花水ラオシャンという二系統があるみたいで、こちらのお店は看板から判断するに花水系なのかな?二系統ともいただいたことがありますが、これまで食べた中ではこちら「花水ラオシャン田村」さんの平塚タンメンが一番我が家の好みでした。

私が注文したチャーハン(600円)も美味しかったです。ご飯がパラパラではなく、家庭で作ったようなしっとり系で「焼き飯」と呼びたくなる見た目と食感。具だくさんで、かまぼこが入っているのも嬉しい美味しい。

前述老郷と花水ラオシャン本店は、平塚タンメン専門店で差し支えないと思いますが、こちらのお店にはオムライスやドライカレーもあって、平塚タンメンも食べられる食堂(夜は居酒屋)という感じ。お料理美味しかったのでまたお邪魔したいです、次は徒歩で神川橋を渡る以外の経路で(^^;)。調理人の男性もサービス担当の女性もお二人とももの柔らかな笑顔と接客で、一見の客も居心地は良かったです。瓶ビール(500円)は二本飲んで、写真を撮り忘れていたのですが美味しい餃子(380円)も注文して、お会計は2,480円なり。確認はしなかったですが、恐らく現金支払いのみです。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA