台湾茶(カフェ)@茅ヶ崎ラスカ

7/7(火)用足しで茅ヶ崎駅まで出てラスカでひとりランチ。初めてのお店「台湾茶」さんに入ってみました。ラスカ三階の丸亀製麺の隣、以前はハワイ風のカフェがあったところです。2019年11月頃のオープンすぐは店内も混み、タピオカドリンクのテイクアウト行列ができていることもありましたが、この日は13時半近くだったのもあって空いていました。入り口で注文&同時に会計するシステムです。

4種類あるランチメニューから、ルーロー飯(単品800円)のランチセット(+200円)にしました。日本語で言うなら豚の角煮丼でしょうか。グルメ番組などで台湾の名物料理だと聞いて、台湾旅行で食べたいと思っていましたが現地のレストランでは見かけず(短い旅程だったせいかもですが)もしや東京バナナ的な(^^;)食べ物?と思っていました。とりあえず台北の仇を茅ヶ崎で討ったけど、かなり甘めの味付けで好みが分かれる印象です。

勧められたとおり五香粉(小皿に盛る)をかけると中華料理の豚の角煮というより、甘くてスパイシーなもっと南の国のお料理っぽくなりましたが、台湾もかなり南にあるんですよね。私が行った11月でも日中は蒸し暑かったことを思い出しました。美味しくないわけではないけど、正直ご飯には合わないような・・・・ご飯そのものは炊きたてツヤツヤで美味しく、おしゃれカフェなので盛りは女子サイズです。セットにするとスープとドライフルーツ(マンゴーとたぶんリンゴ)、台湾茶(+250円でタピオカドリンクにもできるそう)が付きます。

席はスパイスやお手拭きなどが備えているカウンター↑にひとり席、あとはソファ席でひと区画4人から6〜7人座れそうなところもあり、ゆったりとした感じ。空いてたせいか密対策か「ソファのお席にどうぞ」とのことで4人掛けの席でゆっくりさせていただきました。待ち合わせにも最適だけど、こんなに空いてて大丈夫かな。タピオカブームも去ったのでしょうか。お会計は税込みで1100円なり、電子マネーで支払いました。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA