香来閣(中国料理)@茅ヶ崎

1/25(土)ご近所だけど、何となく行きそびれていた香来閣さんへ。茅ヶ崎市香川三丁目、最寄りのJR相模線香川駅からは徒歩7〜8分の住宅地にある中国料理のお店です。我が家からは徒歩15分ほどで、年末に散歩がてらお邪魔したらその日は貸し切りで、奥様からご主人の名刺とともに「貸し切りはたまたまですが、お越しの際はなるべくお電話下さると助かります」とのことだったので、空きを電話で確認してランチタイムに行ってみました。

お住まいの一部で営業されており、玄関で靴を脱いで上がる「お出掛け前に靴下の状態要チェック」のお店です(^^;)。店内は四人〜詰めれば五、六人の座卓が三つ。厨房は客席とは壁で仕切られており、出来上がったお料理は壁の小窓から差し出されるという昭和の食堂みたいなスタイル。まずは瓶ビール(中瓶、税別600円)で乾杯しました。

お料理おまかせの二名からのランチコース(皿数により1500円〜)もありましたが、メニューを眺めて「絶対食べたいのがある」としんが言うのでアラカルトでいくことに。しん好物の「牛肉とタケノコの細切炒め」1300円↓は、油がギトギトしておらず上品な味でとても美味しかったです。

しゅうまい(600円)は変哲のないオーソドックスタイプですが、点心がさほど好きではないしんもしっかり半分三個食べる美味しさ。ビールがすすんで2本目を注文。

エビのチリソース(1300円)。プリプリのエビにほんのりピリ辛のソースがたっぷり。これはどっちかというとご飯のおかずだと言い合いつつもビール止まらず3本目へ(^^;)。

シメの五目チャーハン(800円)は、具のチャーシューがすごく美味しい。キャベツが入っているのは珍しいですが、アクセントになっていました。けっこうおなかいっぱいなのにスプーンが止まらない美味しさでした。

マンゴーソースのかかった杏仁豆腐。私だけ一人ぶん注文しようとしたら、お二人でどうぞとサービスしていただきました。香り高いジャスミンティーとともに大満足のおなかいっぱいに。

お会計は6380円なり、ごちそうさまでした。こちらは現金支払いのみです。町の気安い中華屋さんというよりは、ホテルで食べる中華料理のような高級感のあるお料理を、ごく家庭的な空間で味わうというミスマッチなお店。他のお料理やランチコースも気になるし、ちょっといい中華料理を食べたいときにまたお邪魔したく思いました。小さなお店でも安心の完全禁煙です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA