Acqua Speranza(イタリア料理)@茅ヶ崎

5/3(金曜、憲法記念日)美味しいパスタが食べたくなり、ランチタイムにアクアスペランツァさんへ。茅ヶ崎駅北口から市役所方面へ徒歩2〜3分の横道にある小さなお店ですが、この界隈は個人経営の美味しいイタリアンレストランが何軒かあり、その日のランチメニューやお店の埋まり具合であっちがダメならコッチの融通が利くので、イタリアンの気分だなあくらいの気持ちで予約なしでも何とかなることが多いです。


パスタランチ↓の中から、私には仔羊のサルシッチャ、しんはあおりいかと空豆の文字が胃袋に激しく訴えて来ました。お昼時の予約なしでしたが、運良く空いていて入店できました。

まずは白ワイン(750円)で乾杯。こちらのお店で国産ワインの美味しさに目覚めた私たちですが、この日は山形県の「上和田ピノ・ブラン」辛口でとても美味しいです。

パスタランチ(1600円)に含まれるフォカッチャとサラダ。サラダは十九品目の野菜と、トッピングの黄色いものはチーズではなく蒸かしたサツマイモです。生野菜ってモソモソして、私は正直あまり好きではないのですが、そのモサモサしてよくよく噛みしめないと飲み込めないところが健康に良さそうに思います(^^;)フォカッチャも自家製でとても美味しいです。このフォカッチャは予約しておけば持ち帰りも可能で、この日はランチタイム終わりまであと少しだったので、予約してないけど購入できないかお聞きしましたが、ランチタイム終了時に残っていれば・・・・ということで、その頃に来店できるか微妙だったので諦めました。次は絶対予約しよう!

ランチ料金に+500円の仔羊のサルシッチャのラグー(トロフィエ)↓。紡錘形のショートパスタが「トロフィエ」で、たまたまシェフが運んできて下さったのでどうやって作るのかお聞きすると、打って切り分けたのち、生地を「両手で挟んですりすりして1つずつ成形するんです」とのことで+500円もむべなるかな(^^;)モチモチでとても美味しかったです。大昔、田舎の祖母が遊びに行くと作ってくれた太さ厚さが不均等な手打ちうどんの美味しさを思い出しました。プロと一緒にしてはいけないかもですが、不均等さに美味しさの秘訣があったり?

たっぷり入っている羊肉のサルシッチャもとても美味しく、私は2杯目は赤ワインにしました。この日の赤ワインは、以前このお店で教えてもらってハマった山形県の朝日町ワイン、初めていただく酒蔵のものですがソレイユブラン(750円)。これも辛口で美味しかったです。

しんの2杯目は「あおりいかと空豆のペペロンチーノ」に合わせて白をお替わり。空豆の風味が最高!なペペロンチーノもとても美味しかったです。

パスタランチに含まれるデザートは、この日は柑橘のパウンドケーキと、ピスタチオのアイス。アイスにつきささっているのは氷ではなく飴細工で、閉じ込められたお花もサラダに飾られているものも同じくエディブルフラワーで、全部食べられます。

写真は撮り忘れましたが、しんはホット、私はアイスコーヒーをいただきお会計は6700円。このお店はクレジットカードは使えませんが、PayPayは導入したそうです。ごちそうさまでした。

食後は駅を越えて海岸まで南下し、途中で買ったビール(と念のためお水も)を鼻先ニンジンに、ゴールとさだめた柳島海岸までぶらぶら1時間くらい歩きました。平塚の方向に遠く富士山ものぞめ、爽快なお散歩日和でしたが、熱中症を心配せず昼日中歩けるのも季節的にあと少しですね。みなさまも外出やお散歩時には、脱水に十分ご注意下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA