鈴(お好み焼、鉄板焼)/AMANDA COFFEE’S(カフェ)@松山

8/16(水)会社員時代の友人とお好み焼きの「鈴」で待ちあわせて晩ご飯。松山市中心部には、大街道(おおかいどう、と読みます)というアーケード商店街があり、その通りを横道に入ると飲み屋街が広がっているのですが、そういった一角にある小さなお店です。

19時過ぎの到着で私の席以外は満席。予約しておいて良かったです。一足先に到着していた友人が頼んでくれていた鉄板焼メニューが計ったように食べごろ(^^;)生ビールで乾杯しました。

友人が頼んでいた「せせり焼き」と「いかげそ焼き」、どっちも美味しく、ビールがすすみます。

「ねぎ焼き」↓こちらのお店では、いわゆる万能ネギを2㎝くらいのぶつ切りにしたものを、広島風にクレープ生地で包んで焼いて、このお店独特のアクセントであるイリコを加え、少しのお醤油で味付けしてあります。かつては煮込んだ牛スジ肉を加えたものが好きで、友人もそうでしたが、今もこのお店の常連の友人が「現在の我々の舌と胃腸には、コンニャクのほうが合う」というので、コンニャクねぎ焼きでお願いしました。確かにお肉は重かったかもね(^^;)友よありがとう。食材の滋養を感じる大人向きのお料理だなあと、改めて思いました。

私がこのお店に通っていたのは20代の頃で、当時はこの日同行の友人と二人、鉄板焼を三〜四種類、ねぎ焼き一枚、大阪風のお好み焼き一枚、焼きそば一人前くらいは食べつつ、生ビールを浴びるほど飲んだものでしたが(^^;)さすがに50代のおばさん二人はお料理三皿でお腹が満ちてきて、シメにかた焼きそば↓を注文しました。こちらのお店には普通の焼きそばもあり、そちらも美味しいのですが、かた焼きは鉄板でカリカリに焼いた中華そばが香ばしく、お腹いっぱいと言いながらお箸が止まらない懐かしい美味しさでした。

生ビールは私が二杯、友人が三杯飲んで、友人がまとめて支払ったのでうろ覚えですが、合計六千四百何円のところ、請求された三千円を友人に払いました。ごちそうさまでした。

おまけの特別デザート↓。おかみさんがこの日お誕生日で、常連さんからプレゼントされたホールのケーキが複数あるとのことで「食べきれないから手伝って」とお裾分けされたもの。徒歩数分の三越で売ってる高級ケーキとのことでしたが、完熟マンゴーとシャインマスカット(友人のにはマンゴーとマスクメロンが載っていたとか)がたっぷりの上品な味わい、まごうことなき高級ケーキでした(^^;)おかみさん、お裾分けありがとうございました。

ケーキをいただいたあとは、友人と大街道のカフェへ。松山市にしかない「アマンダコーヒーズ」です。地元の飲食企業が経営しているチェーン店で、スタバの亜流的なコンセプトかなとググってみたら、こちらはニューヨークスタイルのコーヒーなのだそうです。写真を撮り忘れましたが、コーヒー美味しかったです。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA