小食堂みずき一丁目(割烹)@茅ヶ崎

7/15(土)先週からしんが行きたがっていた、近所の「小食堂みずき一丁目」さんでランチ。今年我が家は自治会のお役目が回ってきており、この日はしんが夏祭りの打合せに出て、何時に終わるかわからないので前もっての予約はできなかったのですが、しんの帰宅後に電話したら「カウンター席なら空いている」ということだったので、席をキープしてもらっておいてうかがいました。鄙びた住宅地にある知る人ぞ知るお店ですが、人気店なので、土日は事前に予約したほうが無難だと思います。

「本日の定食」メニュー↓。これ以外に手書きのおすすめ単品メニューもあって、お昼から注文できます。お魚料理は日によって変動がありますが、お肉系は、鶏、豚、牛(おまかせ定食のローストビーフ)と三種類、いつ行ってもメニュー表にあるようですね。今日は何にしようかな。

私はサッポロのビール「エーデルピルス」の小(450円)。写真を撮り忘れましたが、しんは同ビールの普通サイズ(630円)をあっという間に飲み干し(ビールが美味しい季節になりました)、二杯目は芋焼酎の水割り(600円)。

定食についている前菜。この日はもずく酢、タコとワカメとネギのぬた、真鯛のお寿司。味付けがいつもよりかなり塩っぱめなように思いましたが、汗をかく季節は塩分強めにしてたりするのかな。単に私の体調でしょうか。

こちらも定食についているサラダ。季節野菜がたっぷりです。私も葉野菜のサラダを作るとき、同じようなフレンチドレッシングで和えて、同じようにナッツをトッピングしてみるのですが、何か一味ちがうんですよね。プロの味です。

私が注文したのは、長年(?)食べてみたかった「若鶏のからあげ」定食↓。ほのかにニンニクが香る甘くないキリッとした味付けで、しっとりジューシーな揚げあがり。

しんはイカと迷いに迷って「稚アユのからあげ」定食↓を注文。おかずはシェアし合っていただきましたが、内臓がほんのり苦くて、大人向きの美味しさ。ご飯のおかずとしても美味しいのですが、ぐーーーとビールを飲みたくなる味でした。

この日のお味噌汁は、キャベツ、ネギ、みょうがと、えのき茸、シメジ。家庭のお味噌汁のような具だくさんのおかずお味噌汁だけど、やっぱりプロの味です。ご飯もツヤツヤで美味しい。食後の飲み物もついており、二人ともホットコーヒーをいただいて、お腹いっぱい。お会計は5,380円なり、ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA