ジンギスカン羊堂@辻堂/パティスリー・ラ・マーレ・ド・チャヤ(甘味)@茅ヶ崎

10/26(土)最近ジンギスカンづいている我が家ですが、このところの平塚と茅ヶ崎の二軒はいずれも普通の卓上コンロで焼くお店でした。「例のドーム型の鍋で焼くジンギスカンが食べたい」としんがググって辻堂まで遠征しました。辻堂駅南口の駅前通りを藤沢方面に徒歩2〜3分「ジンギスカン羊堂」さんです。つじどうのひつじどう(^^;)土日は16時開店で、予約はしないで開店を狙って行き、無事に入店できました。

こちらのお店はお通しや定食などが無いかわりに「成吉思汗セット」を必ず人数分オーダーするシステムなんだそうで、言われるがまま二人前(税込み1716円)注文すると、お酒より先にジンギスカン到着!タマネギと長ネギに「生でも食べられるので焼きすぎないでどうぞ」なラム肉。しんはこの、独特の形状により、お肉から流れ落ちた脂が染み込んだ野菜を食べたかったのだそうです。

最初は生ビールで乾杯。男前の羊イラスト入りが中で605円、右は小440円。

タマネギと長ネギが嫌いな私は焼野菜はしんに任せて、塩こぶキャベツ(440円)と好物のキムチ(白菜キムチ、385円)を注文。どっちも塩っぱめですが美味しい。

こちらのお店は専門的らしく羊肉を部位で選べたので、追加でヒレ肉(ひと皿749円)を注文。美味しくて二皿いただきました。もともと羊肉に抵抗はなかった私たちですが、牛豚を食べるより健康的だからと損得勘定で選んでいるようなところもあったけど、このヒレ肉は牛ヒレ肉にも負けない美味しさでした。

肩ロース(935円)↓。私は豚肉であれば肩ロースが一番好きですが、羊はヒレのほうに軍配。豚肉ならヒレが一番好きなしんは、羊はヒレより肩ロースのほうが旨いと思ったそうです。

隣の方が注文していたものの、冊子のメニューにはなかったので「常連だけにしか許されてないのでは」とびびりながら注文したモヤシ(220円)は、なんのことはない、壁の貼り紙メニューにありました^^;)お肉の脂で野菜が美味しくなるシステムは無駄がないです。最初のセットメニューのお肉(ジンギスカン、638円)も追加しました。

私の二杯目は濃厚抹茶ハイ(550円)ちょっと抹茶が濃すぎたのでこれはチェイサーにして、、、

グラスの赤ワインを注文。一杯550円で二杯いただきました。

しんはホッピーセット(白、616円)を注文。中の焼酎(286円)を追加注文すると、画像のヤカンでこちらがストップと言うまで注いでくれます。日本酒ならともかく、お手頃の焼酎がこのシステムでも有り難みはさほど・・・・と思った私とは裏腹に注文した人はナミナミと注いでもらって大喜び(^^;)で二回追加しました。

↑の画層に見えているラムチョップ(グラム売りで814円)は、「お切りしますよ〜」と店員さんがハサミで切り分けてくれました。こちらのお肉は塩胡椒だけでも十分美味しいですが、鬼おろし(275円)で味変もしつつ、ゆっくり堪能しました。

お会計は10,800円なり、クレジットカードで支払いました。ごちそうさまでした。

帰りにラスカ茅ヶ崎のパティスリー・ラ・マーレ・ド・チャヤさんで生菓子を買って、翌日のデザートにしました。どちらも甘さは控えめで軽い口当たりの上品な美味しさでした。いちじくのタルトは500円、カップのほうはマロンティラミス460円で、消費税は8%でお会計は1,036円なり。電子マネーで支払いました。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA