花水ラオシャン本店(中華料理)/SILS MARIA(洋菓子)@平塚

4/28(土)改元10連休スタートのランチは、平塚の花水ラオシャンさんへ。「平塚タンメンなるラーメンがあるらしい」としんがどこかで聞きつけて、初めてお邪魔したのが7〜8年前のことで、それ以来の久しぶりの再訪です。JR平塚駅南口、22番乗り場から神名中バスに乗り(行き先が2系統ありますが、どちらでも通る道筋です)八つ目の花水台停留所下車。駅のほうに少しとって返した交差点にあるお店です。平塚市民のソウルフードとして有名でお昼時は行列がデフォルトとのこと、この日は13時ちょっと前の到着で待ち行列の12〜3番目くらいでした。

行列中に注文は済ませていましたが、着席して初めて調理が始まるシステムです。行列途中で断念する人もいるだろうから当たり前ですが、期待していた着席するやいなや餃子が供されるというようなことはなく(^^;)ビール(税込み500円)を注文してゆっくり待ちます。カウンター18席の小さな店内は、食事のみの人が大半で回転は早いほうだと思いますが、昼からガッツリ飲んでいる地元民っぽいカップルや男性客もいて、飲み助にも居心地は悪くないです。日本酒のワンカップっぽいグラスはお水で、決して日本酒とちゃんぽんで飲んでいるのではありません(^^;)

前回もいただいたのですが、餃子(350円)がとても美味しかったです。餃子など点心的な食べ物がさほど好きではないしんが四切れ食べてしまうほど。

焼きワンタン(400円)もパリパリに焼けていて最高!ビールがぐいぐいすすみます。

「わかめタンメン」の左がノーマルサイズ(450円)、右がしんの中盛り(450+100円)。画像はにゅうめんに見えますが、麺はお素麺ではなくちゃんと?紛れもないラーメンで、スープは何の出汁なのか私には見当もつきませんが、薄味でほんのり酸っぱい不思議な味わい。ここにしかない独特なラーメンです。チャーシューや玉子入りもありますが、ほとんどのお客さんがこのわかめタンメンか、具が生の刻み玉ねぎのみの「タンメン」を注文していました。

美味しいお店だったという印象でいましたが、久しぶりの今回もとても美味しかったです。ビールは二本飲んで、お会計は2,750円なり。ごちそうさまでした。

花水ラオシャン本店さんから平塚駅までは徒歩20分くらいでしょうか、お腹いっぱいの帰り道は徒歩にして、往路とはちがうルートをぶらぶら歩いていると、シルスマリアさんという生チョコ発祥のお店に通りかかりました。テレビの街歩き番組で見た覚えがあるというしんが「すごく美味しそうだった」と言うのでお菓子を買うことに。

どうやら有名店のようで店内は混み合っており、発送の手続きをしている人もいました。生チョコレートのアイス(ビター味、税別400円)↓と焼き菓子を買うのに、10分くらい店内で並んだでしょうか。生チョコアイス、お店の横のスペースでいただきましたがすごく濃厚で美味しい!

持ち帰りの焼き菓子は、上からフロランタンショコラひとつ180円、クッキーサンドのルビー(右)とビターはそれぞれ250円、一番下は栗マドレーヌのチョコ味180円。生チョコのお店なので全部チョコ味にしてみましたが、私は栗のつぶつぶが入ったチョコ味のマドレーヌが一番好きでした。お会計は税込みで1,555円。こちらのお店はクレジットカードと電子マネーも使えます。色とりどりの生ケーキも美味しそうで、寒い時季に再訪できたら持ち帰ってみたいです。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA