Mr.ノーバディ(アメリカ映画/主演ボブ・オデンカーク)

2021年制作 原題Nobody  共演クリストファー・ロイド(Back to the Futureシリーズのドク)

義父が経営する工場に会計士として勤めるハッチ(演:ボブ・オデンカーク)は、妻(コニー・ニールセン)子供二人と慎ましく暮らす目立たない男。ある深夜ハッチ宅に泥棒が侵入し、気付いて起きてきたハッチに拳銃を突きつける。スキをついた長男が泥棒に飛びかかり形勢逆転と思いきや、ハッチが制止し長男は殴られてしまう。現金は小銭程度しか置いてないというハッチの冷静な説明と、妻の懇願で泥棒はそれ以上の乱暴は働かず逃走する。被害は腕時計と小銭入れだけで済んだが、この日以来、妻と長男、経緯を知った工場で働く親族たちまでが、戦おうとしなかったハッチを見下げた態度を取り始める。ハッチは一連の出来事を気にしないそぶりだったが、パパっ子の末娘の宝物だったブレスレットも先の泥棒に盗まれた可能性が出てくると、奪い返すため行動を起こす。

どこにでもいそうな無名の人(ノーバディ)が実は無敵だったという、見飽きた感のある設定ですが、ダレる部分がなくあっと言う間の一時間半でした。強い!でも見た目はしょぼくれたおじさんのボブ・オデンカーク素晴らしい。ブルース・ウィリスの系譜かな。しかしどうしても名前が気になる。。。odenkirk はどうしたって おでんカークでしょうけど、よりにもよって何故おでん。おでん以外で何か、カークの前におさまって可笑しくない日本料理名はないものか?と何の足しにもならないことをついつい考えてしまうじゃないですか(未だ考えつかないけれど)。外国語がたまたま変に聞こえるケースは誰が悪いわけでもなく、ひるがえって日本語の○○は××語だと△△の意味なのよヤダー的なことがあり、仮にそれが自分の名前だったとしても受け入れる他ないんだろうことを、油ハムや疣ンヌ以来、久しぶりに思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA