華よし(お好み焼・もんじゃ焼)@茅ヶ崎

9/7(土)かねて行ってみたかった華よし(はなよし)さんで昼飲み。通りかかって看板↓を見るたびに気になっていたのですが、場所は茅ヶ崎市高田の「茅ヶ崎青果地方卸売市場」の敷地内、お店は駐車場を通り抜けた奥にあります。

市場の人専用の食堂ではないようで、一般客も利用できます(いちおう食べログで確認して行きました)。到着したのは土曜日の正午過ぎながら空いていて、先客は常連らしい熟年カップル客のみ。店内はごく普通のお好み焼き屋さんでテーブルには全て鉄板がついており、4人掛けのテーブル席が八席くらいと、ゆったりしたお座敷席もありました。

まずは生ビールで乾杯。奥が中ジョッキ(税別、490円)で手前は小のグラス(360円)です。

おつまみは、いかゲソバター(500円)とキャベツの中華あえ(300円)。いかゲソバター、焼き上がりを撮影するのを忘れましたが、とても美味しかったです。

家でも食べられる外では注文したくないおつまみ、私にとってダントツナンバーワンの冷や奴(350円)は、どうしても食べたいんだとしんが注文(^^;)

鶏ヤゲン軟骨唐揚げ(500円)は、ほど良い塩加減でからっと揚がっていました。お好み焼き屋さんなので鉄板で焼く以外のおつまみにさほど期待していなかったのですが、盛り付けなども丁寧でとても美味しいです。

焼きそば↓は600円。ラードって久しぶりに見たなあ。何となく後ろめたいけど(^^;)ラードで炒めるとコクが出て美味しいんですよね。キャベツ多めなのも嬉しい。

お好み焼きは、豚(690円)にしました。

油を薄くひいた鉄板によ〜く混ぜたタネを丸く拡げたら、両面焼いた豚肉を乗せてじっくり焼きます。

出来上がり!いわゆる関西風の混ぜ焼きですが、粉の具合が良いんでしょうか、フワフワで美味しいお好み焼きでした。若い時は更にこのあと、お餅やチーズが入ったアレンジ系お好み焼きも注文できましたが、今はこれでも食べ過ぎた感が(^^;)

家で作る普通のお好み焼きの美味しい版といいますか、私がこれまで関東で食べた関西風のお好み焼きで、一番ありきたりで美味しかったです。良いお店を見つけました。途中で子連れのファミリー客や、飲み目的らしい男性4人組なども来店し、そこそこ賑わっていて安堵(^^;)そのうちもんじゃ焼きも食べてみたいです。

食べるのに夢中でお酒の写真を撮り忘れましたが、ホッピー(500円)を一杯ずつ、ハイボールのシングル(390円)も一杯ずつ、しんがハイボールのダブル(430円)を一杯頼んで、お会計は税込みで6,480円なり。こちらのお店は現金支払いのみです。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA