小食堂みずき一丁目(割烹)@茅ヶ崎

5/26(金)この日有給休暇だったしんと、近所の「小食堂みずき一丁目」さんでランチ。我が家周辺は耕作地と住宅地が入り交じるのんびりしたところで、こちらのお店も途中にこれといった目印もないせいか、愛犬ふぅちゃんの散歩中に何度か道案内をしたこともあるお店です。そう言えばここ数年はそんなこともないけれど、これもスマホ(の地図アプリ)普及効果なんでしょうか。

私たちにとっては記念日か、誰かが遊びに来た時など、ハレの日にお邪魔する特別なお店で、そういう時はたいてい、美味しいローストビーフが味わえる「おまかせ定食」か「もっとおまかせ定食」をお願いするのですが、その他の定食もいつも美味しそうで、この日は「おまかせ」ではない定食目当てでやって来ました。お勧めアラカルトメニューもあり、お昼から注文できます。

何はともあれビールで乾杯。こちらのお店のグラス売りのビールは、サッポロの「エーデルピルス」という銘柄で、中630円と小450円です。どの定食にも含まれる前菜は、この日は小松菜のナムル、梅肉のせ冷や奴、真鯛のお寿司。全部美味しく、初夏らしいオードブルでした。

サラダ↓も全ての定食に含まれます。このサラダのお皿、食パンが余裕で収まるくらいのサイズで、野菜たっぷり。いい塩梅のドレッシングと、ナッツのアクセントが美味しくて、たっぷりの野菜ですがぱくぱく食べられます。安いとは言えない価格設定のお店ですが、この内容の前菜やサラダが含まれることを考えると、たまの贅沢としてはコスパは決して悪くないと思います。右の金目鯛のお寿司とお刺身は、「金目鯛のかま煮付け定食」を頼んだ私だけに供された一皿です。

しんが注文した「もち豚のソテー」↓。塩味だけのシンプルな味付けで、豚肉の美味しさを味わえるお料理だと思います。ご飯にも、お酒のアテにもピッタリ。

美味しいお料理でお酒がすすみます。私はグラスの白ワイン800円、しんは芋焼酎ロック600円を追加。

「金目鯛のかまの煮付け」↓。焼き肉屋さんに行くと牛や豚の「ツラミ」という部位がありますが、魚類も顔まわりにけっこう「身」があるんですよね。よく動かしている部位が美味しいというのは共通していて、いじましくほじくって食べていると、今更ながらお魚は箸使いの鍛錬になるなあと(^^;)煮魚は本当に、白いご飯によく合います。

お味噌汁も具沢山で美味しく、お酒もまあまあ飲んでいましたが、二人ともご飯もおつゆも完食。食後のコーヒーもちゃんと淹れたてで、美味しくいただき、お腹いっぱい。

お会計は6,880円なり、こちらのお店は支払いは現金のみです。次は、こういう上品なお店の「若鶏のからあげ」はどんな感じなのか、気になります。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA