石窯ガーデンテラス(ベーカリー、カフェ)@鎌倉

2//4(土)梅を見に鎌倉へ出掛けました。たまには郊外まで足を延ばしてみようと、鎌倉駅東口からバスで浄妙寺方面を目指し、「杉本観音」停留所で下車。鎌倉検定二級のしんによると、杉本寺〜浄妙寺界隈には素敵な飲食店が点在しており、そのどこかでお昼食べようね、という計画だったのですが・・・・一軒目お蕎麦屋さんと二軒目和食屋さんが予約で満席、三軒目の和食屋さんまあまあの行列、四軒目洋食屋さんは冬季休業中、五軒目釜飯屋さんはどうやら廃業してるっぽく(^^;)最後の望み、最終目的地だった浄妙寺境内にある「石窯ガーデンテラス」を目指しました。

お店に辿り着いたのは14時前だったのですが、人気のテラス席は満席(この日は気温は低いものの、陽射し有り・風は無しの「テラス席日和」でした)で「室内ならすぐご案内できます」とのこと。もちろんです〜無事入店できてホッとしました。ほどなく室内も満席に。真冬でも郊外でもさすがは鎌倉です。行きたいお店は予約が無難(^^;)

まずはビールで乾杯。しんは三種類から選べるパスタコース、私は肉or魚のメイン料理が選べるガーデンコースにしました。コースには自家製のパンがついています。

前菜。さつまいものポタージュから、時計回りに子牛のツナソース・レンズ豆添え、紫大根のサラダ、たことトマト、パプリカのマリネ。

お店を探して歩き回って二人とも喉が渇いており、ビール二本をあっと言う間に飲み干して、アルゼンチンの白ワインをボトルで追加。白ワインはこちらの2800円のものと、3500円だったかな?の二種類がありました。グラス売りは700円から。

私が注文したガーデンコースのメイン「鱈と馬鈴薯のパイ包み、鎌倉野菜のサラダ添え」。パイはサクサクに焼けていて香ばしく、鱈とジャガイモのタネも熱々で絶妙の塩味、添えられた鎌倉野菜のサラダまでとても美味しかったです。

しんのスパゲティは「ズワイ蟹とイタリア産グリーンオリーブ、フレッシュトマトのアーリオオーリオ」。このお料理も、麺はプリプリのアルデンテ、味付けも家ではできないプロの味で、あとを引く美味しさでした。

コースに含まれるコーヒーとプチデザート↓、この日はパンナコッタのベリーソースでした。自家製パンは、レストラン内のショップで購入できます。レーズンのパンとクロッカンというお菓子も買って、レストランでの飲食と合わせて、お会計は12,042円でした。ごちそうさまでした。なお、某グルメサイトではカード支払い「不可」となっていましたが、取材後に導入されたのか、この日はクレジットカードで支払いできました。

浄妙寺の境内では梅に負けじと、早咲きの桜も花をつけていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA