ピユフォルテ(イタリア料理)@鎌倉

1/10(日)本覚寺さんの「十日戎」を見物に鎌倉へ出掛けました。出掛けることと外食はワンセットの私。美味しい昼ご飯をいただくべく、一月とも思えないポカポカ陽気の中、お寺さんお宮さんめぐりのかたわら、お店も物色しつつブラブラ・・・・と、鎌倉江ノ島七福神では「毘沙門天」の宝戒寺さんからほど近く、初詣のときに通りがかり心惹かれたピユフォルテさんに空席が!人気観光地鎌倉の日曜日、遅めとはいえランチタイムに飛び込みでしたが無事入店できました。いやあツイてた良かったとビールで乾杯。

DSC_0064

手渡されたアラカルトのメニューから、プチトマトとモッツァレラチーズのサラダ、羊のミートボールのトマトソース煮込み、初めてのお店で量がわからないので、パスタはカラスミのものをとりあえず一皿注文。飲み物も赤ワインにチェンジ。

IMG_0427

お店の方おすすめの微発泡のワイン。帰りに酒屋さんで偶然同じ酒蔵のワインを見つけて、飲んだばかりなのに買ってしまうほど気に入りました。

IMG_0426

プチトマトとチーズのサラダ。「おすすめ」と書かれていただけあって、国産のモッツァレラチーズが抜群に美味しかったです。

IMG_0431

こちらはしんのチョイスのパスタ。カラスミがあまり好きじゃない私にはイマイチでしたが、麺はプリプリしていました。

IMG_0432

羊のミートボールのトマトソース煮込み。羊特有のお肉の旨みが、強めの塩味で引き立っていました。トマトソースも美味でパンも注文。赤ワインがすすみます。二人でシェアしてパスタもう一皿くらい、まだまだ食べたいおなか具合でしたが、ワインをもう飲み干しそうだし・・・とデザートで別腹を満たすことに。

IMG_0437

IMG_0438

IMG_0433

栗のケーキと、クリームが乗っかってるのはりんごのケーキです。お店の方が、栗のケーキにピッタリのお酒があると、デザートワインをおすすめしてくれました。甘さ控えめの素朴な味わいのケーキに、確かに合うお酒でした。昭和脳の私には食後酒=ブランデーでしたが、ワインとブランデーの中間のような重さのお酒。お酒を終えてお菓子にしたはずなのに(^_^;)美味しく一杯ずついただきました。コーヒーも香り高く、最後まで大満足のおそびるとなりました。

お勘定14900円也。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA